ORIYAMAKE

循環狩猟・地方観光について考えをまとめるブログ/瞑想登山家/秋田県北秋田市・森吉山麓モロビの里に生息しています。

ぼくが狩猟をする5つの理由

ハンター十人十色、理由は人それぞれ

なかなか言葉にすることが難しくて、きちんと伝えられる自信がなかったので狩猟をする理由については言及してこなかったのですが、ちょっと現時点での考えをまとめてみようと思います。異なった意見を否定する気持ちは全くありません。人それぞれには、それぞれ育った環境があり、目的も手段も皆さん最適解として選ばれたものだと思うからです。そもそも狩猟は生半可な気持ちで出来るものではありません。とにかく銃の所持許可をとるまでが昔に比べて面倒になりましたし、お金もかかります。自らを除いては聖人君子しか狩猟者になれない時代とも言えると思います。前科がある人はなれませんし、お酒を飲んで暴れる人にも許可はおりません。最近の狩猟者は皆、その審査を合格して狩猟をされているので、すべからく尊敬したいと思っています。

それでも、私が狩猟をしようと思ったのは、いくつか理由があるのですが、他の地域の状況とはちょっと違うので純粋な狩猟への動機とは異なるかもしれません。

かつてはアウトドア活動には全く興味がありませんでした。子どものころから私は超インドア派で、大学生時代はラクトオボベジタリアンをやってたこともあるくらい肉食にも興味がありませんでした。光合成で生きていきたいとは今でもたまに思うことはあるのですが…。なぜそんな私が狩猟をやることになったのか。

マタギとのファーストコンタクトに恵まれた

まず第一に私が住んでいる北秋田市の根子集落はマタギ文化発祥の地と言われているところです。移住当初はそんな地域だとは思いもよらず、のほほんと暮らしていたのですが東京在住の読書家友人から邂逅の森を読んだか何かで「お前の住んでいるところにマタギ文化があるらしいな」と電話をもらい、実際に会ってみたいというので、それから阿仁マタギの方とコンタクトをとって、その友人と一緒に山歩きを体験したことがきっかけでした。その方は今でも大変お世話になっている素晴らしい方で、一緒にウサギ狩りのコースを歩いただけではなく、昔の写真や家に保管してある狩猟用具を出しながら色々なお話をしてくださいました。それから何回かお会いして、一緒に山を歩いているうちに自分が最初にマタギについて調べ抱いていた「マタギ=孤高の狩猟者、頑固な恐いジジイ」というイメージ像がポロポロと崩れていきました。マタギは「山が好きで好きで仕方がない人」とか「山の知恵袋」、さらに山を歩きながら草払いをしたり道を整備している姿を見たり、春の熊追いでは熊が1年間里に降りてこなくなるように教育をしているという話を聞いているうちに「里山保全者」という面も大きく感じるようになってきました。マタギの狩猟者としての一面はマタギが持っている二十面相のうちのひとつでしかないとも思いましたが、その経験が私が狩猟者へなろうと考えた第一歩だったのです。

マタギ文化を残したい

 マタギについてもっと知りたくなった私は、猟友会の人に話を聞いたり狩猟者と接することが増えていきました。でもその中で圧倒的な少子高齢化による人手不足、衰退していく現状を目の当たりにしたのです。昔は120名ほどいた会員が現在は20数名。マタギ文化発祥の地で、マタギ絶滅危惧種であるというのはインパクトがありました。皆口をそろえて「マタギの時代は終わった」と言うのです。でも、狩猟をするだけがマタギの姿ではないし、これから野生鳥獣による農作物の被害も増えて来るという報道もあったので、これからの時代こそマタギの知恵、技術が必要とされる時代が来るという気持ちがありました。それから、一緒に熊追いに同行させていただいたときに、肉以外の皮などが捨てられているのを見た時もショックを受けました。マタギと言えば、血も骨も皮も全て余すことなく利用しているというイメージがあったからです。でも、それは昔の話で今は皮に需要がなく、それぞれの家にも熊皮の敷物が4~5枚あり、家族から処分するようにと言われていて肩身が狭いとのことでした。なめしをできる人はおらず、全て新潟に送っているとのこと。なめしだけでも5~6万円、売るとすれば8万前後とのことで、これでは買い手がつかないのも仕方ないのかなと思ったことを覚えています。熊皮の利用法として、敷物に需要がなければデザインを変えて、例えばiPhoneケースにする等、ほかの利活用方法があるのではないかという気持ちが芽生えたことも狩猟者になる理由のひとつでした。

③家族や地域の暮らしを守りたい

 我が家のある根森田集落は北秋田市の端っこの集落のひとつです。地元の言葉では「カッチ」と言います。(多少は差別的な表現を含んでいるかもしれませんが…)我が家より後ろには誰も住んでおらず、あとは山と川と森だけ。そのまま何十キロか進むと隣の鹿角市になります。そうなると、野生動物が里へ降りて来ると高確率で家の脇を通ることに…。試しに自宅から直線距離で100mのところへトレイルカメラを仕掛けてみたところ、一頭目に写ったのが熊でした。家族や自分の身を守るためにも、自衛のために銃を持ちたいと思ったことも動機のひとつです。

④他にやる人がいないから

もちろん、家の周りに熊が出たからと言って猟期でなければ勝手に撃つことはできません。でも、心のあり方として銃が家にあるという安心感は大きなものがあります。もちろん、銃があるという不安も多少はあります。私が銃を持ちたいと周りの人に相談したときもまずは「危ないからやめとけ」と皆から言われました。同じ集落の30~40歳代の方は「わざわざ山に入りたくない」と言います。山菜もキノコも別に食べたいと思わないし、思ったとしても買うから必要ないというのです。子どものころに熊の被害を受けた人の顔を見ていることも山や熊はとてつもなく恐いものだと刷り込まれている要因のひとつだと思います。それでも集落のうち誰かは銃を持っていてもらいたいというのが私の気持ちです。私が狩猟を始める前に、銃を持っていたのは80歳のおじいちゃんだけでした。今は引退されて根森田集落で銃を持っているのは私ひとりだけになってしまいました。これから、もし同じ集落から5人でも6人でも狩猟者が増えてくれば、その時は私自身は銃を持つ必要はないかなとも思います。それほど他にやる人がいないというのは大きな理由のひとつなのです。でも、誰でも彼でも狩猟者になってほしいというわけではありません。私の個人的な考えでは狩猟者の理想的なあるべき姿のひとつとして、お寺のお坊さんが鉄砲の免許をとって実施するくらいが丁度良いと思っているからです。もちろんお坊さんも千差万別で一括りにすることはできないという前提の上での話ですが。私自身は特に野生肉を好き好んで積極的に食べたいという欲求もないですし、撃ったときの快感もありません。有害駆除の箱罠の見回りで毎朝5時に家を出ることも苦痛に思うことがありますが、それを他の誰かの代わりにやっているという自己犠牲の気持ちが半分くらいでやり続けています。

⑤これからの新しい狩猟者の姿をつくりたいから

 以上のような気持ちで銃の所持許可をとり、狩猟者登録をし続けてきましたが、今はそれに新たな理由が加わりました。それは、今までの狩猟者を変えていきたいということ。他の地域のことは分かりませんが、私の周りでは狩猟者のイメージがあまりよくありません。35歳の私が猟友会で一番年下だというだけでも危機的な状況です。世代交代も死ぬ前にできるような仕組みが必要ですし、外国人が入ってくることも推進していきたいと考えています。それから、定期的な情報発信や技術向上のための講習会を行ったり、生息数調査でもAIを活用し、より簡単により精度を高めていかなければならないと思います。つまり、今までは趣味の会であった猟友会から、もっと専門性と責任性、透明性を高めた団体、もしくは会社のようなものを立ち上げていかねばと思うからです。狩猟者になりたい人にも、獲物の命をとる技術だけではなく、その動物や山全体の保全管理の方法から、仏教的な思想、地域の人との交流など多岐に渡る分野に興味を持ってもらいたいと思っているのです。それをするためには、まず自らが狩猟者として前線に立ち続けることが必要だと思います。

 

 以上が私が狩猟をしている5つの理由でした。これが正しいとか、日本全体に適応されるとは微塵も思っていません。でも、ほかの方の理由について書かれたブログを読んでも自分と同じ考えの人にあたらなかったので、もし同じ気持ちで活動されている方がいれば良いなと思いブログをしたためてみました。貴重なお時間をいただき、お読みくださいましてありがとうございました。

 

 最後に狩猟を続けてきた理由と、辞めた理由について書かれた論文がありましたのでご紹介。やっぱり高齢化の問題が大きいのかなと。若い人ではお金がかかりすぎる、狩猟に出かける時間がないという理由もありますよね・・・

日本の狩猟者はなぜ狩猟を辞めるのか?
一狩猟者の維持政策への提言一

https://www.jstage.jst.go.jp/article/wildlifeconsjp/13/2/13_KJ00008111347/_pdf

 こんな記事を書いていたら、散弾銃暴発のニュースが…なぜ…ご冥福をお祈りいたします。不幸な事故はもう見たくないです。が、お年寄りの方と出かけると、銃の先が色々な方を向くので正直ひやっとすることもあります。慣れが一番怖い…。

www3.nhk.or.jp