ORIYAMAKE

循環狩猟・地方観光について考えをまとめるブログ/瞑想登山家/秋田県北秋田市・森吉山麓モロビの里に生息しています。

閉鎖的な県民性のままでも良いじゃない

秋田県の知事がまたしても不適切発言をしたということで記事の内容を読んでみました。

www.sakigake.jp

内容といえば秋田県の人口が減少している原因は、閉鎖的な県民性にあるのではないかという持論を展開したそうです。それについては頷ける部分もあるのですが、これが全てだとは思えません。

なぜなら田舎の地域、ローカルなところはすべからく生存するための戦略としてそのような性質を持ち合わせていると思うからです。都会においても隣に住んでいる人の顔を知らないであるとか、無言で息のつまりそうな満員電車など、閉鎖的な気質というのは日本人として多分に含んでいるとは思います。

でも、今日言いたいことは田舎の方が閉鎖的か、都会の方が閉鎖的かということではなく、問題の根本は果たしてそこにあるのかどうかということです。もし問題点が閉鎖的な県民性にあるとすればどのようにして解決していくことができるのでしょうか。それを確かめることはできるのでしょうか。

 

ここでひとつ私の仮説を言ってみたいと思います。それは、過疎地域や人口減少地域の共通の問題として感じている部分ではあるのですが、もしかすると全く的外れなのかもしれません。それでもこれからの自分はこの仮説に則ってひとつふたつ行動を起こしてみたいと考えています。

その仮説とは、端的に言うとローカルの地域には物語が足りていないのではないかということです。いつも厳しい現実ばかりを見つめなければならない環境、目先のことに集中しなければならない環境というのが、息苦しさ生きづらさに繋がっているのではないかと思うのです。物語といっても、単純にフィクションのことを指しているのではありません。それはドキュメンタリーでも良いと思うのですが、それぞれ自分の中にある想像する力をもっと使っていかなければならないと思うのです。子供の頃に花開いていた想像力は、大人になるに従い萎んでいく傾向にあると思いますが、それは自分で刺激し続けることによってさらに大きく育てていくこともできるものだと思います。

想像力という種に水をあげるという意味での物語。想像力は相手を思いやる気持ちにつながり笑顔につながり、生きやすい空間を作ることにつながっていると考えています。

では、今まで物語がなかったかというと、そうではありません。この大自然の中の地域で、自然と人間との関係から生まれた物語は今までにもたくさんありました。まずはそれを集めたり復元したりするところから始めても良いのかもしれません。閉鎖的な地域性を変えるというのではなく、それは認めつつも、周りの他者からの目線というのを獲得することで、より柔軟な対応をすることができるようになっていくのではないかと思うのです。その地域のファンになってくれる人を増やしていくことにも繋がると思いますし、より多くの人にこの地域のことを知ってもらうための材料の一つにでもなってくれたら嬉しいと思っています。

私自身が、現実的な問題ばかりに追いかけられ続けた7年間であったと思いますので、少しは空想の世界に帰りたくなったということもあるかもしれません。また今後の方向性、考え方は変わることもあると思いますが、今の気持ちはこんな感じでした。

閉鎖的な県民性のままでも良いじゃない、相手を思いやる心があれば。