ORIYAMAKE

秋田県北秋田市・森吉山麓モロビの里に生息しています

森吉山麓ゲストハウスを起点として―その2

<その1はこちら>

oriyamake.hatenablog.com

 

昨日は、手の違和感を理由に中座してしまいました。

何故ゲストハウスをつくり、そしてこれからどのような展開を模索するのか。誰のためでもなく、自分自身への備忘録として記載していきます。

 

f:id:oriyamake:20171111210419p:plain

これからのORIYAMAKEについて

大きな7つの枠組み

まず【ゲストハウス】を中心として、【狩猟】【コミュニティFM】【山野草栽培】【喫茶営業】【東京支店】【予防医療】の7つの大きな事業を想定しています。全て山里の自然・文化に関することで、これからの地域にとって私自身が必要不可欠なものだと考えている事柄です。長文になり誠に恐縮ですが、ひとつひとつ見ていってもよろしいでしょうか(昨日に引き続き2回目)。

 

ゲストハウス

ゲストハウスは、古民家リノベーションの事例のひとつとして、そして集いの場、異文化交流の場として作りました。目指すのはインバウンド観光。素泊まり1泊2500円の安宿、外国語対応、Wi-Fi完備、ネット予約可、ベジタリアン対応など現在あるホテル・民宿では揃っていない部分を補完する役割です。北秋田市で現在も息づく狩猟文化をより深く体験し、学べる宿屋としてもアピールしていきます。そして、軌道に乗ってきたら周辺の空き家を買い取り、同じように狩猟をしながらこの地域で生きていきたいという若者と一緒に、分館のようにお客さんを泊める場所を増やしていきたいと思っています。現在のゲストハウスは定員が8名とキャパが少ないこともありますし、今後は宿を選ぶ基準のひとつとして更に宿主の個性、どんな人が運営しているかという部分が大きくなってくると考えているので、様々な個性の宿主を揃えられたらと。

戦略的には、新しいスタンダードなルートを構築していきます。外国人は東北で2つある世界遺産白神山地」と「平泉」を巡っています。そして、今は岩手県寄りの高速道路を使って移動している状況です。それを国道105号線側、北秋田市を通るルートに持ってきたいと思います。森吉山周辺で一泊することにより、人気の高い八幡平エリア、男鹿半島エリア、角館エリアを効率よく回ることができます。そのベースキャンプ地としての開発、PRをするための拠点がゲストハウスORIYAMAKEです。

ゆくゆくは、2次アクセスの問題を解決しつつも、観光の目玉となるように秋田内陸線 阿仁前田駅から森吉山ダム周辺までの森林軌道を復活させたいと思っていますが、それはまた別の話で。(うちのターゲットはオーストラリア人)

 

狩猟

2つ目は狩猟の分野。狩猟者は減少を続け、私の住む根森田集落では80歳の方と自分の2人だけ。所属する猟友会も、かつては200人近くいたそうですが、今は20人。あっという間に10分の1です。その影響は各所に出ていて、今年度は5月から今日の今日まで熊の有害駆除に追われています。野良猫と同じ出現頻度。

山と里との境界がない状態を実感しています。これからますます、里山保全者としての猟友会の役割が増してくることと思います。その中で、現在はほぼボランティアで行われている有害駆除にも予算が割かれるようになるはず。(そうでなければ、もう続けられないところまで来ています)猟師が宿をやり、その副収入として市からの委託を受け野生鳥獣の保護および管理を行うこと。この地域の宿の在り方のひとつとして定着させるためのモデルを作ります。

そして、駆除された命の再活用も考えていかなくてはいけません。現在、熊皮は誰も欲しがる人がおらず、山に埋められることがほとんどです。各家庭に熊の敷物が5~6枚あり、置き場所に困っている状態。加えて、加工は他県の業者に依頼するためナメシ加工だけでも6~7万円。そうすると販売価格は10万円前後となるため買い手がつかない状態となります。これは勿体ないと思い、熊皮を譲っていただいていますが、皮なめしを教わる人がいないため、ネットと睨めっこをしながら試行錯誤中です。これは、熊の敷物という現代的価値観から外れてしまったものを、例えば熊皮のiPhoneケースに仕立て上げる等、今の人が手に取りやすい形に変えていきたいと思っています。その際にも、皮と肉とをバラバラにしてしまうのではなく、皮革製品と同一個体の肉を食すという体験を行いたいと思っていますが、それはまた別の機会に。

あとは、マタギのお父さんたちは自分の道具は自分で作っているので、独特な形状のものが数多くあります。そこの部分「マタギの知恵」から古くて新しいアウトドア用品が生まれそうな気もしているのですが、それは未知数です。

 

コミュニティFM

情報発信・共有の分野ではコミュニティFMの開局を目指し続けています。2013年に開局準備会を立ち上げましたが、市は防災ラジオを全戸に配布する方針となり、コミュニティFMの公設民営は事実上不可能という状況です。何故、防災ラジオの配布ではなくコミュニティFMにこだわっているかというと、防災ラジオは日常聞くものではなく、市民に寄り添っていないと考えているからです。今必要なものは、窓口や懸け橋としての地域メディアです。現在の北秋田市では情報共有が最も困難な課題のうちのひとつです。県内2番目の広さを持つ北秋田市は移動だけでも端から端まで1時間、往復で2時間。全てを周ることは難しく、唯一全戸配布の広報誌に記載しても知らなかったという人がいる状態。ホームページ、新聞、チラシとあの手この手を尽くしても情報は行き渡りません。地域のラジオ局ができれば災害時のみならず、日常的に触れる情報源として確立していきたいのです。そのために必要な資金は4000万円。これは行政に頼らず、他の事業を拡大させ自己資金での開局を目指す方針に切り替えています。それまでは費用の掛からないインターネット放送や、毎週定期的なLINE@サービスによる情報発信を行っていきます。

登録はこちらから→https://line.me/R/ti/p/%40qbm8087g

観光客と宿屋との接点としても、活用されることが望まれます。 (できれば発信したものは森吉山麓の文化をまとめたフリーペーパーにまとめていきたいな)

 

山野草栽培

山野草栽培とは、休耕田を活用したり宿主の収益強化を目的とした取り組みです。一般的な野菜ではなく、少し特徴のあるもの、例えば行者ニンニクやヤマユリ等の山野草をメインに考えています。なぜ山野草かと言えば、普通の作物では手間がかかりすぎるというのも大きな理由のひとつです。宿をやったり、狩猟をやったり様々な活動をしていく中で、ある程度ほったらかしでも育ってくれる作物でなければ成り立たないと考えています。育った山野草は、ゲストハウスに宿泊した人が刈り取り夕食に召し上がっていただきたいですし、直売所での販売も視野に入れています。まずは、データ収集・栽培法の確立を目指します。

 

喫茶営業

喫茶営業は既に「喫茶ねもりだ」として森吉山ダム広報館内で行っています。ここが最も不特定多数の人が訪れる場所(年間1万4千人)になっているため、様々な商品の試食の場として活用していきたいと思っています。特産品の開発実験場としての機能を強化させていきたいです。山野草のお茶や、手作りの酵素シロップを使用した飲み物のほか、卵や牛乳を使わない植物性100%のアイスクリームの商品開発を続けて行きます。地域の方々の手作りの小物や美味しい野菜などの直売所も併設しています。

kissa-nemorida.strikingly.com

 

東京支店

東京支店というのは、物販や森吉山麓の文化展示の拠点を自分で持つということです。行政が主体となっているアンテナショップはありますが、森吉山周辺に特化した店舗が必要だと思っています。ちょっと話が脱線しますが、森吉山麓では5月3日が森吉山のお祭りの日で、その日は若い衆が1カ月間精進して山の上まで登っていき、モロビと呼ばれる植物を持って帰ってきて、近隣に配る岳参りという行事があります。その時にお年寄りは「さかむかえ」といって、お酒や料理を用意して若者の帰りを待っていて、岳参りのあとは大いにもてなすわけですが、この「さかむかえ」が今必要とされているのではないかと思うのです。

山登りをする代わりに、若い衆が大きなトラックに地元の産品をぎっしりと積み込み、東京の物販市で売り歩いて帰ってくる。その成否を地域全体で分かち合えればと思っています。こんな思いを抱いているのには、いくつか理由があるのですが、まず北秋田市内で売っているのと、東京で売るのとでは同じ労力でも何十倍も売り上げに差ができてしまうということ。また、北秋田市の物産展を東京でやるといっても、現状は市の職員が税金を使って単なる売り子として特定企業の商品を捌いているに過ぎないからです。

年功序列な田舎の世界ですが、若者の活躍の場のひとつとしても育てたいと考えます。

 

予防医療

最後は予防医療の分野です。元々は山野草の活用方法のひとつとして漢方薬や薬膳酒等の東洋医学の方面を考えていました。そこから発展させ、地域全体が健康で幸せに生ききるために、健康寿命の増進を考えなければならないと思ったのです。

元来、マタギは村から病人を出さないように、山にある動植物から薬となるものを見分けたり、採取したりする達人でした。昔は村から病人が出ると、それこそ一大事。村全体に迷惑がかかってしまっていたので、未病対策が肝心だったのです。そのようなマタギ文化を見直す意味もありますし、現実的には秋田県の現在の健康寿命は女性は上位ですが、男性は下から数えた方が早い状況が続いています。その原因のひとつと言われているのが「タバコ」。秋田県の男性は2013年のデータでは全国5位の喫煙率。ぷかぷかと吸っている人、周りに多いです。それに代わるものを山野草をベースに開発中です。さらに山歩きも森林セラピーというように、予防医療としても優れた面を持ち合わせていますので、それを強調したメニューを実施しているところです。(登録販売者の資格も取得したい)

 

以上、これからORIYAMAKEとして進めていきたい7つの分野について書かせていただきました。

 

長々と書いてしまいましたが

とりとめのないことを、だらだらと書いてしまい恐縮です。

まずはひとつずつ、自分のできるところから仲間を増やしつつやっていければと思います。何もしなければ、あと2,3年で取り返しのつかないところまで行ってしまうという危機感から動いているわけですが、どうなることやら。