ORIYAMAKE

秋田県北秋田市・森吉山麓モロビの里に生息しています

家族ぐるみの繋がりを増やす 家族SNS「GURUMI」(妄想)

深い結びつきを持つ共同体をコミュニティと呼ぶとすれば

最小のコミュニティは「家族」である。

 

その「家族」という最小のコミュニティを有効活用し、家族単位で

繋がりを増やしていけば、既存のSNSにはない飛び抜けた繋がりを

生み出してくれるのではないか。

 

私は一時期、家族名刺といって、名刺に自分の名前だけではなく

家族全員の名前や生年月日などの簡単な情報を載せていた。

それによって、名刺を渡した男性の奥さんとの繋がりが生まれたりと、

1対1ではない関係を構築することができた。

 

既存のSNSはひとり1ページである。「個」を重んじている西洋らしい。

対して日本は「和」を重んじる文化である。

1家族1ページで、家族ごとに繋がるSNSがあっても良いのではないか。

 

家族ぐるみでの交流を促進させるサイト。

最大のメリットは、今まで繋がりそうで繋がらなかった人とも

容易に繋がりをもてることだ。

○○さんの旦那さん、○○さんの奥さんとして、知り合える。

お互いの家族構成、簡単なプロフィールが分かれば、共通の話題も

見つかり、より深い繋がりを持てるのではないだろうか。

 

さらにイベントの告知も、既存のSNSでは、大体お父さんが拾った

情報を家族に話し、やんや言われたあとに、そのイベントに行ったり

行かなかったりする。家族SNSならば家族全員に告知するので話が早い。

思春期の子どもがいると難しいので、小学校低学年までと、思春期が

終わって社会へ出た20代前半〜の子どもと同居している家庭が

メインターゲットになるだろう。

 

現代は「個」の時代と言われているが、「個」では解決できない問題に

苦しめられつつある。そう遠くない将来、「家族」というシステムに

まだ戻っていくに違いない。その時に対応できるSNSは今から準備して

おかなくてはならないのである。

f:id:oriyamake:20140318143436j:plain