ORIYAMAKE

瞑想登山家/秋田県北秋田市・森吉山麓モロビの里に生息しています

地方のまちおこし

アイディアの価値が限りなくゼロに近い時代

【口だけでは誰も動いてはくれない】 地域活性化の名のもとに、行政懇話会や地域懇談会が税金をつかって今日もどこかで行われている。私も機会があれば参加しているが、そこで繰り広げられる寸劇には辟易としている。それは、地域の衰退を裏打ちしているよう…

あなたに会いたいからココにきました、と言われる人になろう

場所・行事・モノでは釣れなくなった 観光競争の激化が進み、地域の個性を売りにしたものですら刃がたたなくなってきている。地域の魅力再発見ブームの弊害。私たちの住む町にはまだまだこんな良いところがあった、と探せばどの町にも良いとこだらけ。むしろ…

最近読んだブログメモ2014年5月

素晴らしい記事を参考に考察 最近タイムラインに飛んできたブログで面白い視点だったものをご紹介。 いま、祭りに興味がない理由。旅ブームの先にあるもの。 http://inkyodanshi21.com/lifestyle/4749/ 「現代は毎日がハレのような状態で、それでは若者が祭…

地域は活性化しない

人がいなくなり、内需もしぼみ、経済競争力ある企業や人材はより世界の大都市に移動していくという時代。経済的に貧しくなることを前提としたまちづくり、というのはなかなか過酷だが、それがリアルであり、僕らが向き合う縮小時代のまちづくりということな…

社員研修旅行誘致による観光活性化の可能性

団体旅行客から個人旅行客へシフトするのは正しいか 現在、世間一般に流布されている考え方はこうだ。 バブル崩壊以降、会社の慰安旅行などの団体旅行が減少し、 家族や友人・知人等と出かける個人・小グループ旅行が増加している。 また、観光情報の入手も…

若者が過疎地域から離れているのではなく、過疎地域が若者を拒んでいる

20歳前後がごっそりいない町 先日、秋田大学に打合せでお邪魔したときに、若者で溢れるキャンパスを見て これだけの若者がいれば、何でもできてしまうのではないかという錯覚に襲われた。 私の暮らしている秋田県北秋田市では人口減少に加え、大学がないこと…

世界一周をした友人から教わったこれからの観光業

考える旅行者の時代 世界一周を旅した友人からLINEでこんなメッセージをいただいた。 「ふむふむ、長期滞在者を呼び込むためには、彼らが興味を持ちそうなコンテンツを用意すれば良し。後は勝手に旅人が遊びを考えてくれるよw」 ハッとして、グッときて、パ…